TCP/IP の IPPに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

IPP

読み方、または別称:あいぴーぴー

IPPとは、Internet Printing Protocolの略称である。IPPは、インターネット網に代表されるTCPネットワークなどを利用して遠隔地にあるプリンタとコンピュータとの間で印刷データをやり取りするための規格である。
通常のWebページの閲覧として使われるHTTPを拡張した規格であり、ルータによって遠隔地のプリンタに対しても印刷が可能である。HTTP認証機構やTLSのサーバ認証クライアント認証などにも対応している。
当初はファックスの代替としての利用も期待されていたが、使用するプリンタに対応するプリンタドライバがインストールされた環境からではないと送信できないことや迷惑ファックスに悩む企業にとって送信者の負担がなくなるため迷惑ファックスが増えること、自社内で利用するのであればVPNを構築することでIPPを使用する必要がなくなるため2006年以降、あまり普及していない。
既存のプリンタを無線LAN等のネットワークに直接接続可能にするプリントサーバでは既存のプロトコルと合わせてIPPに対応したものが増えている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る