TCP/IP の IPマスカレードに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

IPマスカレード

読み方、または別称:あいぴーますかれーど

IPマスカレード(アイピーマスカレード)とは、インターネットプロトコルによって構築されたコンピュータネットワークにおいて、パケットヘッダに含まれているIPアドレスを別のIPアドレスに変換する技術のことである。
ネットワークアドレス変換(ネットワークアドレスへんかん)またはNAT(Network Address Translation)とも呼ぶ。プライベートネットワーク環境下のホストから、グローバルアドレスを持つゲートウェイを通し、インターネットにアクセスするために用いられることが多い。
またIPアドレスに加え、ポート番号の変換を行うNAPT(Network Address Port Translation)とも呼ばれているが、今日ではNATと呼ばれることのほうが多く、NATと言えばNAPTを指すのが一般的である。
NATは、LAN内のホストにあるプライベートIPアドレスを割り当て、インターネットに接続する時のみグローバルIPアドレスを使用する技術が開発され、この時に用いられた技術と言われている。
日本などでは割り当てられたIPアドレスに比べコンピュータの普及が著しかったため、IPアドレスが不足しやすいという欠点がある。こういった国においては、NATの重要性は高いと言われている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る