IT産業用語辞典 の IPAに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

IPA

読み方、または別称:あいぴーえー

IPA(Information-technology Promotion Agency, Japan)とは、独立行政法人 情報処理推進機構の略称。経済産業省が所管している。情報処理振興事業協会 の後継組織として2004年1月5日に設立されたものである。
ソフトウェア開発の支援のため、未踏ソフトウェア創造事業と呼ばれるプロジ ェクトが行われている。若い世代の育成のために、未踏ユースという30歳未満 限定のプロジェクトも存在する。さらに、情報処理技術者試験と呼ばれる各種 試験を行っており、それらの資格は全て国家資格となっている。
また、「日本におけるIT国家戦略を技術面、人材面から支える」ことを主目的 にしている。JISECと呼ばれるITセキュリティ評価及び認証制度を設けてお り、それは、セキュリティ機能が上手く機能しているかを評価・認証するもの である。
セキュリティ関連の業務が多く、コンピュータウイルスの情報を公開するなど の役割も担っている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る