公衆回線網 の IMSに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

IMS

読み方、または別称:あいえむえす

IMS(アイエムエス)とは、IP Multimedia Subsystemの略で、SIP(Session Initiation Protocol)で統合し、マルチメディアサービスを実現させるプロトコルである。NGN(Next Generation Network、次世代ネットワーク)を実現する中核的な技術であり、IMSを導入すると、音声や映像などのマルチメディアサービスを、携帯電話や無線LANなどの様々な端末に対して、アクセス網に依存せずに提供できるようになるため、大手通信事業者が次世代の公衆通信網としてIMS導入を検討している。
IMSには、IPをベースとするパケット・ネットワーク上で、さまざまなサービスを実現するための共通の仕組みを提供しており、通信事業者が提供するネットワークの中に閉じた形で、通信事業者主導のもと、サービスを提供することを前提としている。
ユーザがアクセスするネットワーク間を移動しても、移動先からそのユーザのホームネットワークにアクセスし、そこからサービスを提供することを基本とするといった特徴から、常にどこでも同じサービスを利用することが可能となるため、固定網と移動体網を統合するプラットフォームとして注目されている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る