ネットワーク の IDSに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

IDS

読み方、または別称:あいでぃーえす

IDSは、Intrusion Detection Systemの略であり、日本語では侵入検知システム(しんにゅうけんちしすてむ)であるが、コンピュータセキュリティ用語では、ネットワーク上などへの不正なアクセスを事前に検知して、管理者に通報する機能を持つソフトウェア、もしくはハードウェアのことである。
通常、コンピュータネットワークは、LANなどのような小さなネットワークだけで稼動するだけでなく、外部ネットワークと接続して稼動するが、外部ネットワークと接続することは、不正アクセスリスクがある。
そのため、外部との接続経路には不正侵入の防止のために、ファイアーウォールやプロキシサーバなどを設置して通信を管理・制御する措置をとっている。しかし、どのような防護措置を講じても、必ずしも全ての侵入が防ぐ事が可能な訳では無く、不正なアクセスでのリスクが常にある。
そこで、IDSにより不正なアクセスの兆候を事前に検知し、管理者へ通知することで、管理者は不正侵入に先だって警戒することができ、回線切断等の防衛策を講じることができる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る