ドメイン の IDNに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

IDN

読み方、または別称:あいでぃーえぬ

IDNとは、国際化ドメイン(Internationalized Domain Names)のことで、多言語ドメインは、インターネットで使われているドメイン名にアルファベットや数字以外に、漢字やアラビア文字、キリル文字、ギリシア文字なども使うことができる。日本語である場合、日本語であれば、「日本語ドメイン名」とも呼ばれている。
1998年頃から検討されていたが、2003年になって関連しているすべての規格が標準化された。その為、利用が可能となった。試験運用では、変換方法としてRACEが主に使われていたが、Punycode標準化に伴い、各種ドメインはPunycodeに切り替えている。
Punycodeとは、文字符号化方式のことで、RFC 3492で定義されている。Unicodeで書かれた文字列をDNS内の制限された文字コード空間でも使うことができる。ユーザーエージェントの実装に依存し、ドメイン名として使う場合は、ドット(.)で区切られたドメイン名の階層レベルによって“xn--”を使い、エンコードされた文字列を続ける。例えば、「ドメイン名例.jp」の場合、“xn--eckwd4c7cu47r2wf.jp”となる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る