VR の HMDに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

HMD

読み方、または別称:えいちえむでぃー

HMD(ヘッドマウントディスプレイ:Head Mounted Displayとは、ゴーグルやヘルメットのような形状をして両眼に多いかぶせるように装着する表示装置のことである。HMDの多くは、ディスプレイを頭部(head)に乗せ(mount)、左右の目で別々なディスプレイを見せるが、単に画像を表示するだけでなく、左右に微妙な角度をつけることによる視差を利用し、遠近法を操作して数メートル向こうに存在するかのように錯覚させることができる。これによって眼前いっぱいに広がるスクリーンを「近さ」ではなく「大きさ」のためと認識されるようになる。
こういった物理的空間を必要とせずに超大画面の映像体験ができるディスプレイとしての用途の他に、HMDには視覚効果による3次元空間の演出する装置として期待されている。装着者の頭の移動に応じて画面を変化させることで、まるで仮想空間に入ったかのような視界を提供することができ、バーチャルリアリティのための装置として研究・実用化が進められている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る