ファイルシステム の HFSに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

HFS

読み方、または別称:えいちえふえす

HFS(Hierarchical File System)は、Mac OSのファイルシステムである。日本ではMac OS 標準フォーマットとも言われている。HFSは二つのフォークを持っているが、その一つは主データ(データフォーク)で、もう一つはリソースフォークというメタ情報である。
HFSはファイルシステムの中では比較的新しいが、把握しやすいボリュームの扱いや、先進的なエイリアス機構を備えており、設計上の優れた部分が随所に見受けられる。
ロックサイズは、ボリュームサイズ32MiBまでは512バイト、以降32MiBごとに512バイト単位で増えて行き、225〜256MiBではHFS+と同じ4KiBになる。 したがって、2GiBでは32KiB、4GiB(System 7.5 7.5.1での上限)では64KiB、2TiB(System 7.5.2以降での上限)では32MiBになる。
なお、このファイルシステムで記録されたストレージの読み書きができるのはMac OSまたはMac OS X(10.5.x (Leopard)まで)のみである。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る