データ圧縮 の HE-AACに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

HE-AAC

読み方、または別称:えいちいーえーえーしー

HE-AAC(High-Efficiency Advanced Audio Coding)とは、MPEG-4の拡張仕様であり、MPEG-4 Audio(ISO/IEC 14496-3)においてAACバージョン3として標準化されたものである。2003年に制定され、HE-AAC v2は2006年に制定された。
HE-AACでは、Spectral Band Replication(SBR)技術をAACに取り組むことで、再生帯域を拡大し、主に低ビットレート(128kbps)での音質幅を向上させている。
ちなみに、Spectral Band ReplicationはCoding Technologieがmp3PROで採用しているものである。これにより、HE-AACはMPEG-4 AAC Plus SBRやCoding Technologiesの登録商標「aacPlus」などとも呼ばれている。またHE-AAC v2では、48kbps以下といったさらなる低ビットレートでの音質も改善。aacPlus v2やaAAC+などの商標名で呼ばれることもある。
無料でエンコードができるのは、iTunes 9以降、Winamp、SonicStageなど。HE-AACはv1でれーとより若干低いAAC音声データに、SBRを追加し記録しているが、v2ではv1にパラメトリックステレオを追加している。データに関しては、ベースとなっているAACの部分に拡張データのSBRを上乗せし、符号化されるため、従来のAACしか再生できないプレイヤーでも再生できる。ただし、音質は劣ってしまう。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る