システム開発 の Google Web Toolkitに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

Google Web Toolkit

読み方、または別称:ぐーぐるうぇぶつーるきっと

Google Web Toolkitとは、オープンソースのJavaソフトウェア開発フレームワークで、Javaを使用し、ウェブAjaxアプリケーションを開発することができる。また、Google Web Toolkitは再利用ができる効率的Ajaxソリューションンであることを強調しているため、非同期RPCや履歴管理、ブックマーク間の移植性を良さを特徴としている。略称は、GWT。
Google Web Toolkitを使うと、JavaとJava用開発ツールを使ってAjaxアプリケーションを素早く開発することが可能となる。また、そのアプリケーションを配布する際、Google Web Toolkitのクロスコンパイラが、JavaからJavaScriptへの変換を行い、最適化されたコードもオプションとして生成することができる。
Google Web Toolkitは、インタフェースまわりの開発以外にも、JavaScriptを使用した任意の高機能クライアントを構築したり、新たなAjaxライブラリの実装だけではないことも強調している。そのオープンエンドの哲学は徹底しており、多くのアーキテクチャ上の決定が、Google Web Toolkitを利用する開発者に委ねられている。
ちなみに、Google Web Toolkitは「ホステッドモード」と「ウェブモード」の2つのモードで動作する。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る