Ethernet の GbEに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

GbE

読み方、または別称:じーびーいー

GbE とは、Gigabit Ethernet(ギガビットイーサネット)の略。ギガビットイーサネットとは、通信速度1GbpsEthernet規格である。
通信速度1Gbpsとは、普及している100BASE-TXの10倍の速さになる。GbEには、一般的なイーサネットケーブルであるUTPケーブルを使用する1000BASE-Tや、光ファイバを使用する1000BASE-SX 、1000BASE-LX、1000BASE-LHなど、いくつかの規格があり、1000BASE-TIEEE 802.3abで、それ以外はIEEE 802.3zで標準化されている。
LAN環境をGbEにするには、コンピュータやルータスイッチングハブなど、GbEに対応した機器でLAN構築を構成する必要がある。ケーブルについても従来の10BASE-T100BASE-TXとGbEでは、利用するケーブル内の芯の本数が異なる。そのため、10BASE-T100BASE-TXで使用されていた「カテゴリ3」や「カテゴリ5」と呼ばれるケーブルを利用すると、十分な速度が得られなかったり、リンクアップしない場合がある。
GbE環境を構築する場合、GbE対応の機器を使用する以外に、ケーブルについてもカテゴリ5e(エンハンスドカテゴリー5)以上のケーブルを使用する必要がある。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る