GPS/GIS の GPS衛星に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

GPS衛星

読み方、または別称:じーぴーえすえいせい

GPS衛星(ジーピーエスえいせい)とは、グローバル・ポジショニング・システム(Global positioning system)で用いられる人工衛星のことで、最初の衛星ナブスター1は、1978年2月22日に打ち上げられた。正式名称はナブスター(NAVSTAR)。GPS衛星コンステレーションは、アメリカ空軍第50宇宙航空団で運用されている。
各衛星は、セシウムまたはルビジウムを搭載した高精度原子時計による時間情報と、約6日毎に更新される全衛星の概略精度の天体暦と、約90分毎に更新される天体暦を含んだデータの信号、18秒にのせて30秒周期で1.2GHz/1.5GHz帯によって送信しており、利用者は信号を受信することで複数の衛星から受信地点の正確な三次元位置を得ることができる。
送信信号は、荒い精度のC/Aコードと、高精度のPコードの2種類の信号を、直接拡散スペクトラム・コードによって送信している。C/Aコードには1023チップ擬似乱数コードを使い、毎秒102.3万チップの速度で送信している。その為、1000分の1秒毎に乱数は一順する。
Pコードは毎秒1,023万チップ擬似乱数コードを使って、毎週繰り返されている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る