情報科学 の GMWに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

GMW

読み方、または別称:じーえむだぶりゅ

GMWとは、UNIX系OS用のウィンドウシステムのこと。京都大学、立石電機、ASTECらが開発した。GMWは、Give me More Windowsの略称であるが、同時に言語(G)、仮想マシン(M)、ウィンドウ・システム(W)の意味合いも同時に持っている。
GMWは、複数の計算機イメージを単一の計算機で提供する仮想マシン方式を採用した、クライアントサーバ型アーキテクチャウィンドウシステムである。ウィンドウシステム(Window System)とは、コンピュータ上のメカニズム、及びそのためのソフトウェアのことで、主に複数のタスクにそれぞれの領域、すなわちウィンドウを割り当て、画面出力を多重化することである。
GMWにおいては、クライアントとサーバの間はMの仮想コードでやり取りをしており、描画はMというマルチタスクの仮想マシンの動作上で行われている。しかし、GMWは一般的にはあまり普及していない。その背景には、マサチューセッツ工科大学によって開発された、同じウィンドウシステム、X Window Systemが普及したことがある。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る