情報科学 の GLibに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

GLib

読み方、または別称:じーりぶ

GLibとは、クロスプラットフォームのユーティリティライブラリの一種で、当初はGTK+プロジェクトの一部として始まったが、現在は他のアプリケーションでも使用されている。またライブラリにおいても、始まった当初は低レベルなコードを入れるためのライブラリとされていたが、現在はプラットフォーム間の差異を吸収する機能も加えられている。
ちなみに、異なるSPUやOSの間でも、アプリケーションの移植性を確保するライブラリとして使われている。代表的な機能は、基本的なデータ型とその上下限値の定義として、「型変換」と「エンディアン変換」がある。前者は、プログラムにおいてあるデータ型を他のデータ型に変換でき、後者は多バイトデータメモリ上に配置する方式の種類のことである。
その他にも、標準マクロ・動的メモリ確保・警告、アサーション・メッセージロギング・タイマー・gettextの国際化など、さまざまな機能が揃っている。文字列操作に関しては、文字コード変換・簡易XMLパーサ・正規表現・字句解析スキャナの4つの操作ができる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る