情報科学 の GGAに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

GGA

読み方、または別称:じーじーえー

GGA(Generalized gradient approximation)は、電子状態計算で用いられる局所密度近似を越える試みの一つであり、適訳かどうかはともかく、一般化された密度勾配近似、などと和訳されている。
密度汎関数法では電子間の相互作用の交換相関項は電荷密度で表現されるが、その電荷密度は一様な電子ガスであると解かれた表式を利用するのが局所密度近似である。
現実の問題として、実際の電荷密度の分布はムラがあり一様ではないので、近似を超えて電荷密度の勾配の効果を導入することで局所密度近似の精度を上げようという試みは以前から行われていた。
1985年、Perdewその他の科学者が改良したことで精度が向上し、実際のバンド計算にも利用されるようになったが、この改良版とそれ以降の派生版がGGAである。なお、GGAには、PW91、PBE、B3LYPなどの派生版があるが、因みにB3LYPはパラメータの決定が経験的に行われるので、計算結果は求められていないにしても、実験結果と良く合うとされている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る