情報科学 の GDDR5に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

GDDR5

読み方、または別称:じーでぃーでぃーあーるふぁいぶ

GDDR5(Graphics Double Data Rate 5)とは、ビデオカード用のメモリー技術のことで、AMDによって開発された。規格策定は、業界規格標準化団体で、JEDECとAMDエンジニアによって行われ、規格上GDDR3とGDDR4の後継となる。
グラフィックスチップメモリ間のデータ転送速度は、メモリインタフェースの幅と半導体チップの面積で制限されているが、GDDR5では最大転送速度が理論値で28Gbpsに達している。
これは、GDDR5ではデータ転送技術が改良されたことが大きく関係している。DDR2の約9倍、GDDR3の約5倍、そしてGDDR4の約4倍のデータ転送に対応しており、メモリインタフェースとメモリバスを下げた場合でも、高速度と高帯域を確保できると言われている。
その為、データ転送の高速化とチップの小型化、また省電力や低発熱化を実現している。他にもさまざまな面で機能性が向上している。GDDR5メモリチップは、AMDから2008年6月25日に発売されたRADEON R700シリーズのRADEON HD 4870で初めて採用された。
その後も、多くのシリーズで採用され、今後Blue-ray Disc関連機器や、HDTV関連機器、携帯機器など、広く採用されることが予想されている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る