SCSI の Fibre Channelに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

Fibre Channel

読み方、または別称:ふぁいばーちゃんねる

Fibre Channelは、ファイバーチャンネルと読む。Fibre Channelは、コンピュータ間のデータのやり取りをする手段のひとつである。スーパーコンピュータやストレージネットワーク間の情報のやり取りに用いられることが多い。Fibre ChannelはASNIによって承認された委員会、情報技術規格国際委員会によって標準化されている。Fibre Channelの目的はHIPPIシステムの簡略化を目指すものであった。HIPPIシステムはケーブルをたくさん使用する上にコネクタ等も大きく設置するのに大きな負担がかかった。Fibre Channelはそのような欠点を減らし、ケーブル長の延長を可能にして、情報伝達の高速化を実現した。
Fibre Channelの情報伝達形態は大きく分けて3種類存在する。2つの機器を相互に接続する最も単純な形態である、ポイント・ツー・ポイント、機器をループ上に接続する調停ループ、複数のファイバーチャンネル・スイッチに機器を接続するファブリックなどの形態がある。Fibre Channelに使う装置はヤフーオークションで、500円くらいから手に入れることができる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る