UNIX の Fedora Coreに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

Fedora Core

読み方、または別称:ふぇどーらこあ

Fedora Core(フェドーラコア)とは、Red Hat社が後援するオープンソース開発コミュニティであるFedora Projectによって開発されたパッケージ管理システムにRPMを採用しているLinuxディストリビューションのことで、バージョン6までの名称である。
Red Hat社は個人向けの無償のディストリビューションである「Red Hat Linux」と、有償サポート付きで企業向けでの「Red Hat Enterprise Linux」の2つの製品を提供していたが、ビジネス的なメリットの問題から「Red Hat Linux」の提供を2003年11月に終了し、コミュニティベースの開発体制に移管した。そしてFedora Projectから2003年11月に最初に発表されたのが「Fedora Core 1」である。
2004年5月にはLinuxカーネル2.6を採用した「Fedora Core 2」が、2004年11月ブートローダがLILOからGRUBに切り替えられ、ウェブブラウザにMozilla Firefoxを採用した「Fedora Core 3」が発表されている。その後、2006年10月にWindow System上で動作するデスクトップ環境である「Fedora Core 6」がリリースされた。バージョン7からは「Fedora 7」といった名称に変わり、ほぼ半年ごとにリリースされている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る