情報科学 の FVWMに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

FVWM

読み方、または別称:えふぶいだぶりゅえむ

FVWMはウィンドウマネージャでX Window System上で使用されるデスクトップのウインドウを管理する。なお、以前のtwmから派生しておりRobert Nationその他により開発された。
確かに開発当初のFVWMの特徴はメモリの使用率が低くて軽いことであった。また、ホームディレクトリにあるスクリプト言語設定ファイルである.fvwmrcを書き換えると、自由にカスタマイズができるので、好んで使うユーザが少なくなかった。
なお、FVWMには他のライブラリやシステムにほとんど依存しないという利点があり、ページャ、デスクトップの移動という利点もある。
1990年代の前半、FVWMの前身であるtwmはメモリを大量に消費するのでユーザの悩みの種であり、そのためFVWMがメモリ消費を抑えることを目的に開発された。したがって、最初のリリースの時点ではまずまずメモリは軽かったが、バージョンごとに高機能化したため、結局メモリ消費が重くなった。ただし、ソースコードがtwmで書かれているので下位互換性がある点や分かり易さがあり、現在でもかなりのユーザに愛用されている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る