情報の表現用語辞典 の FOURCCに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

FOURCC

読み方、または別称:ふぉーしーしー

FOURCC(フォーシーシー)とは、データフォーマットを識別するための4バイト並びのことで、起源はMac OSのOSTypeになる。これをAmiga/エレクトロニック・アーツのInterchange File Formatが採用し、派生フォーマットとして広まっていった。
後にQuickTimeやDirectShowで圧縮形式を識別する際に利用された。4バイトの識別子は、人間が読んで理解できる文字を使うことができる。また、32ビットの整数を1つ格納するのと同じ領域しかない。もっとも知られているもので、CVIDやIV32、DIVXなどのAVIファイルでのビデオコーデック識別子がある。
音声コーデックについては、AVIファイルやWAVファイルは2バイトの識別子を使用し、16進数で表される。QuickTimeにおいては、2バイト識別子の前に“ms”が付与され、FOURCCの形式となっている。
RealMediaファイルでも使われているが、QuickTimeやAVIとは異なる。他にも、MIDIやPNG、3DS(3D Studio Max)なども、4バイト識別子を使っている。ちなみにマイクロソフトは、DirectXやDirectShowで使うデータフォーマットの識別も、FOURCCを使用している。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る