情報科学 の FLTKに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

FLTK

読み方、または別称:えふえるてぃーけー

FLTKは英語のFast, Light Toolkitの略で、速くて軽いクロスプラットフォームのGUIライブラリであり、Bill Spitzak その他により1998年に開発された。
3次元コンピュータグラフィックスにも使えるように、OpenGLとのインタフェースを備えているが、もちろん一般的GUIログラミングにも使用することができる。
独自のウィジェットや描画およびイベントシステムを使用することで、基盤の各システム固有のコードを抽象化しているので、いかなるOSを使用しても同じプログラムを書くことができる。
なお、FLTKはフリーソフトウェアで、LGPLに非互換なライセンスのアプリケーションとの静的リンクを許可するという条項が付いたライセンスとなっている。また、ライブラリのみならず、 FLUID (FLTK User Interface Designer) というグラフィカルなGUI設計ツールが含まれていて、C++言語 のソースファイルヘッダファイルを生成することができる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る