情報科学 の FLEXlmに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

FLEXlm

読み方、または別称:ふれっくすえるえむ

FLEXlm(フレックスエルエム)とは、ソフトウェアのライセンス管理を行うソフトウェアで、ネットワークを経由し、複数のユーザや複数種のソフトウェアを管理することができる。現在はMacrovision社の製品となっているが、開発は米国Globetrotter社によって1988年に行われた。
なお、MacrovisionはFLEXnet Publisherに改称し、2009年7月17日には「Rovi Corporation」(ロヴィ・コーポレーション)に正式に社名変更したことを発表している。形式は、「ノードロック形式」と「フローティング形式」の2パターンあり、前者はFLEXlmを使用し特定のマシンに固定し利用する。
一方後者は、マシンを限定せずに利用する形式である。もちろん、両者を混在することも可能である。ちなみにフローティング形式はネットワークライセンスとも呼ばれ、ネットワークを通してライセンスの配布が行われる。この場合、管理するライセンスサーバのマシンになる必要がある。
管理されるソフトウェアは、ライセンスファイルまたはkeyと呼ばれるテキストファイルに条件が記述され、対象ソフトウェアの名前や有効期間、数、暗号文字列などからなっている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る