光通信 の FDDIに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

FDDI

読み方、または別称:えふでぃーでぃーあい

FDDI(Fiber-distributed data interface) は、LANデータ転送のための標準インターフェイスで、データ長は4500オクテット、最大ネットワーク長は200km、最大ノード間距離は2000mで、最大で500台までの端末が接続できる。
FDDI プロトコルにはトークンリングプロトコルをベースとしていて、地理的に広大な地域をカバーし、FDDIでの LAN は数千のユーザをサポートすることができる。
標準的なシステムとして光ファイバーが使用され、FDDI は二重リング構成になっており、トークンリング方式が使用されている。
なお、FDDI は ANSI( 米国規格協会) の X3-T9 が主導して標準化されたが、他のプロトコルを使用する LANOSI参照モデルにも従っている。因みに、FDDI-II はFDDI の一種であり、交換機のサービスをネットワークに加えることで音声やビデオなどマルチメディアを扱うことができる。さらに、Synchronous Optical Network( SONET) との接続が始まっている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る