通信方式 の FDD-LTEに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

FDD-LTE

読み方、または別称:えふでぃーでぃーえるてぃーいー

第3世代(3G)携帯電話のデータ通信を高速化した仕様であるLTE(Long Term Evolution)の一種で、上り方向と下り方向の多重化に周波数分割多重(FDD:Frequency Division Duplex)方式を採用したもの。
上り(端末→基地局)と下り(基地局→端末)の通信を同時に行なうために、上りと下りに異なる周波数帯を利用する方式。これに対し、同じ周波数帯を極めて短い単位時間(タイムスロット)に分割し、上りと下りで交互に切り替えて利用する時分割多重(TDD:Time Division Duplex)方式のLTEを「TD-LTE」という。
日本では、NTTドコモとKDDI(au)がFDD-LTEを採用している。ソフトバンクモバイルが当初はTD-LTE、2012年秋からFDD-LTEのサービスも展開している。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る