構造 の Extに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

Ext

読み方、または別称:いーえっくすてぃー

extとは、Linux オペレーティングシステム向けに作られたファイルシステムのこと。1992年4月に開発され、Linux オペレーティングシステム向けのファイルシステムとしては最初のシステムである。extended file system、またはext1とも呼ばれる。
ファイルシステムとは、記憶装置に記録されたデータを管理する方式のことである。Linuxが開発された初期は、ディスク区画が最大64Mバイトまで、ファイル名の最大は14文字などの制限がある、教育用の小規模UNIX系OS「MINIX」の標準ファイル・システム、すなわちMINIXファイル・システムを利用していたものの、これでは本格的な利用には向かなかった。
そこで、Minixファイルシステムの制約を外した拡張ファイルシステムとして、extが初めて、Linux上で設計、実装された。これによって、ディスク区画は最大2Gbytes、ファイル名は最大255文字までの利用が可能となった。ただし、inodeとタイムスタンプのサポートに関してはサポート不足であり、この問題を解決するために、後に開発された新しいファイルシステムが、xiafsとext2の2つである。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る