データベース の ETLに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ETL

読み方、または別称:いーてぃーえる

ETLとは、データウェアハウスにおける「Extract」「Transform」「Load」を指す。その為、正式名称はExtract/Transform/Load。ETLは略称になる。それぞれ、「Extract」は外部の情報源からデータを抽出し、「Transform」は抽出したデータをビジネスにおいて必要な時に変換・加工する。
「Load」は、最終的にターゲットとするデータウェアハウスに変換・加工済みのデータをロードするという意味を持つ。ちなみに、ETLという用語は、データウェアハウスでのデータロード以外にも、任意のデータベースでのロード工程を指す場合もある。
ETLは、データウェアハウスデータをロードする方法として重要で、レガシーシシステムとの統合にも使われている。通常、ETL実装は、処理についての監査証跡を記録する。しかし、すべての設計において、監査証跡は元のデータが利用不可能な場合に、ETLの結果を再現できるほどにはなっていない。
ETLシステムはほとんどのプログラミング言語で作成できるが、最初から作成するのは非常に大変だと言われている。ETLツールを購入する企業が増えているのは、このためである。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る