Intel の EM64Tに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

EM64T

読み方、または別称:いーえむろくじゅうよんてぃー

EM64Tは、ビット数の拡張を行う機能である。主にIntel社製のマイクロプロセッサに搭載されている。AMD64と似たような機能である。EM64TとAMD64の違いとしてAMD64 にはSYSENTERなどの命令が無いことなどがあげられる。EM64TとAMD64は同時期に64ビットに対応するプロセッサを開発していた。がIntel側の準備不足のためAM64にEM64Tは販売に遅れをとる形となった。2004年頃主流であった32ビットコンピュータの容量を64ビットに増量するときにEM64Tは用いられる。EM64Tは、既存のコンピュータのシステムを殆ど改変することなく64ビットに増量することができる。ただ、64ビットに増量して使う場合には対応するソフトやデバイスドライバーなどが必要になる。2004年の段階でEM64Tが用いられている製品としてXeonなどがある。
開発当初IntelのEM64Tは「Yamhill」のコードネームで呼ばれていた。AMDとの互換性が作られたことによってコードネームは「Clakamas」に変更された。EM64Tの名称は2006年にIntel64という名称に変更された。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る