マザーボード の EFIに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

EFI

読み方、または別称:いーえふあい

EFIは、Extensible Firmware Interfaceの略である。EFIは、オペレーティングシステムとプラットフォームファームウェアの間のソフトウェアインターフェースを定義する仕様である。EFIはすべてのIBM PC互換機の古いインターフェースであるBIOSの置き換えを目指している。
EFIが開発されたのは、1990年中盤のインテルとヒューレットパッカードによるItanium機の開発にまでさかのぼる。パソコンのBIOS制限により巨大なサーバプラットフォームには利用できなかった。この課題に対しての成果か後のEFIとなる。
EFI仕様1.10がインテルによってリリースされた。EFIドライバモデルが搭載されていた。この後、2005年にはEFIの普及を目指しインテルはUEFIフォーラムへと権利を移管した。2007年1月7日には、UEFIバージョン2.1がリリースされた。ネットワーク認証の機能や暗号化の機能が強化された。
インテルの開発から10年以上たった現在、2TB以上の容量を持つハードディスクに対応するためP67 チップセット等を用いたマザーボードでのUEFIの採用が本格化した。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る