団体 の ECMAに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ECMA

読み方、または別称:いーえいーえむえー

ECMAとはEcmaインターナショナル(エクマ・インターナショナル、Ecma International)のことで、情報通信システム分野における国際的な標準化団体のことである。以前は欧州電子計算機工業会(European Computer Manufacturers Association、ECMA)という名称であったが、1994年に改められ、現在に至る。
改称理由は、“国際的な立場を反映して”。1961年ヨーロッパにおける計算機システムを標準化するために設立され、本部はジュネーヴとなる。ACMA改めEcmaインターナショナルは、標準化団体であるが、この標準化団体とは、主な分野としてコンピュータのハードウェアやソフトウェア、無線通信および電気通信などがある。
ハードウェアはインタフェース、ソフトウェアは文字コード・データフォーマット・言語仕様など、電気通信は通信プロトコル・ネットワークのインタフェースなどが挙げられる。標準化活動で策定する規格は、WTO/TBT協定に基づき、国際規格としてISOまたはIEC、ITU-Tの団体がある。
標準化規格として公開するものがあれば、勧告または推奨という形で公開するものもある。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る