情報科学 の 黄金分割探索に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

黄金分割探索

読み方、または別称:おうごんぶんかつたんさく

黄金分割探索とは、単峰関数の極値を求める方法のひとつで、常に3つの関数値を保持し、距離の比が黄金比であることからこの名称がつけられている。フィボナッチ探索二分探索と密接関係にある。
目標物がどちらに属しているのか判断できない場合などに使われ、例えば2次関数y=(x-a)^2最小点aを黄金分割探索すると、a(0ちなみにここでいう「探索」とは、文字通り何かを探すことだが、手法は千差万別である。また、コンピュータにおける「探索」というだけでも、その意味は異なってくる。
黄金分割探索は、先にも述べたようにフィボナッチ探索二分探索と密接な関係にあるが、前者は一変数関数f(x)の最小値または最大値を求める。一方後者は、ソース済みのリストや配列のデータに対する検索を行う際、中央の値を見て、検索したい値が中央の値の右か左かを判断する。
この時、片側に存在しないことを確かめながら行う必要がある。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る