信頼性 の 高可用性に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

高可用性

読み方、または別称:こうかようせい

高可用性(いこうかようせい)とは、その言葉の通り可用性が高いことを示しシステムなどにおいてはサービス提供ができなくなるという事態が少ない場合にも。高可用性が用いられる。また、こういったシステムをHA構成ともいう。
HAを実現させるには、冗長化構成を組んでいたり、バックアップ手段の確立や災害対策を講じることなどが挙げられる。HA構成システムの例として、「コールドスタンバイ構成」「ホットスタンバイ構成」「両現用構成」「災対構成」がある。
コールドスタンバイ構成は障害発生時に予備機で業務を継続させる方式。ホットスタンバイ構成は同様の構成をしたサーバを2台以上用意し、1台が使えなくなった場合、自動的に系切り替えをし、サービス提供を継続させる構成。両現用構成は、常に同様の機能を提供するサーバ2台以上で稼働させ、トラフィックの分散・負荷軽減などを実施する。
災対構成は、本番運用とは別個の地域にデータセンターを配置し、天変地異などで本番データセンターでの運用が不可能になった場合、サービスを提供できるようにする方式である。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る