セキュリティ用語辞典 の 電子政府推奨暗号リストに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

電子政府推奨暗号リスト

読み方、または別称:でんしせいふすいしょうあんごうりすと

電子政府推奨暗号リスト(でんしせいふすいしょうあんごうリスト)とは、CRYPTRECが選定した総務省と経済産業省の共同所管である。電子政府での利用が推奨されており、その暗号リストになる。平成15年2月20日に発表され、正式名称は「電子政府における調達のための推奨すべき暗号リスト」。
電子政府とは、主にコンピュータネットワークやデータベース技術を利用した政府を意味し、技術を利用することで政府を改善、行政の効率化や一層の民意の反映、説明責任の実行などを目指すプロジェクトである。
もっとも単純な形態として、イントラネットの導入で行政処理を効率化し、ウェブサイトにおける行政行動の紹介・十方向回・行政サービスに関する情報提供などが挙げられる。より複雑な技術的・組織的な取り組みを伴うものでは、行政サービスの提供をオンラインで行う。
類似の取り組みとして、政策論議や世論調査、投票などを電子的に行う「電子民主主義」がある。ただし、パブリックコメント制度など電子化を通じて行政機関の意志決定に、市民や利害関係者が参加できる場合もある。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る