行政/政策 の 電子入札に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

電子入札

読み方、または別称:でんしにゅうさつ

電子入札とは、官公庁の入札担当局部と各入札参加業者を繋いだネットワークを経由して、一連の入札事務を行う方法のことである。電子入札を活用するメリットとして、手続きの透明性の確保、すなわち情報の公開、談合機会を減少などの品質、競争性の向上、業者の移動コスト等のコスト削減、事務の迅速化などが挙げられる。
電子入札は、まず入札者が入札に参加するために必要な、パソコン、インターネット接続環境、電子証明書(ICカード)、ICカードリーダ、各種ソフトウェアを用意し、発注者の電子入札システムと接続する。そこで電子証明書により入札者の証明を行い、発注者は電子認証局にアクセスし、入札者の確認を行う。
なお、電子証明書は、入札者が電子認証局に依頼して用意するものである。現在、この電子入札システムを基盤にしたシステムの開発が、官民参画の「電子入札コアシステム開発コンソレーシアム」によって行われている。
これは様々なシステムが乱立したため、発注者側における開発費等の増大したことや、受注者側が複数のシステムへ対応する必要等の問題の避けるなどの目的があったためである。現在では、コアシステムはバージョン4.2がリリースされている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る