言語 の 関数型言語に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

関数型言語

読み方、または別称:かんすうがたげんご

関数型言語(かんすうがたげんご、英語ではfunctional language)は、関数型プログラミングに向いているプログラミング言語である。なお、関数に引数を適用して(作用させて)計算をするので、作用型言語(applicational language)とも言う。また、英語での呼称を日本語として解釈をすれば適用可能言語である。
ただし、ここでの関数とは、数学での関数(function)のことであり、手続き型プログラミングなどでの関数ではないことに注意を要する。
関数への引数がプログラムへの入力であり、関数を引数に適用することで評価し、そこで得られる値がプログラムからの出力であるとすれば、コンピュータプログラムはある意味での関数であると考えられる。
関数型言語には、関数型プログラミングのために、第一級関数が不可欠である。静的型付けの言語の多くは型推論の機能を持っており、理論的な計算モデルにはラムダ計算や項書き換えがベースになる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る