情報科学 の 関数オブジェクトに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

関数オブジェクト

読み方、または別称:かんすうおぶじぇくと

関数オブジェクト(かんすうオブジェクト)とは、コンピュータプログラミングの構文で、オブジェクトを通常の関数のように呼び出せるようにするものである。ファンクタやファンクショノイドとも呼ばれている。
Cなどの手続き型プログラミング言語コールバックは関数へのポインタで実現可能とするが、コールバック内外に状態変数を渡すことは難しくなる。また、その制限によって関数の動的な振る舞いも制約されてしまう。
しかし実際は完全なオブジェクトに対するfacadeであり、自身で状態を持つことができるため、こうした問題には適していることになる。さらには、C++やJava、Pythonなどの現代的オブジェクト指向言語のほとんどが関数オブジェクトの定義をサポートしているため、有意義な使い方をしているものもある。
最初期の言語の一つは、Smalltalkで、ブロック構文を用いて関数オブジェクトを実現することができる。例えば、関数オブジェクトを複数のデータ格納するオブジェクトに引数として渡した場合、フィルタリングや並べ替えをすることができるようになる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る