データベース の 連想配列に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

連想配列

読み方、または別称:れんそうはいれつ

連想配列(れんそうはいれつ)とは、コンピュータプログラミングの添え字に、スカラー数値以外のデータ型も使用できる配列である。抽象データ型の1つで、連想リストや連想コンテナ、辞書などとも呼ばれている。LIPSの連想リストとして認知されていたが、後にSNOBOLでtableとしてAWKの連想配列として実装。その潜在能力がさらに広まり、現在はRubyなど一部の言語では、添え字にはどのようなデータでも使えるものもある。
主に平衡2分探索木(赤黒木やAVL木など)やハッシュテーブルがあり、B木や連想リストなどが連想配列の実装に使われるデータ構造になる。 連想配列を標準で提供している主な言語は、AWKをはじめC++やD言語、Icon、Java、LISP、ECMAScriptなどがある。
C++は、標準ライブラリクラスのstd::mapで提供されている。ハッシュではなく、二分木に実装、ライブラリによってstd::hash_mapを提供する場合もある。 ECMAScriptは、いわゆるJavaScritのことで、すべてのオブジェクトが文字列が添え字の連想配列として扱われている。
Javaは、Java Platform, Standard Edition標準パッケージのMapやHashMap、TreeMapなどで提供されている他、Apache Commons Collectionsなどでも提供している。 他にも、SNOBOL、PHP、Perl、Rubyなどがある。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る