開発環境 の 逆コンパイルに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

逆コンパイル

読み方、または別称:ぎゃくこんぱいる

逆コンパイル(Decompile)とは、機械語で記述されたオブジェクトコードを解析し、コンパイラ型言語によるソースコードを作成することである。オブジェクトコードとは、コンピュータが理解するための機械語のことで、人間がCやJavaなどの高級言語を使用して作ったプログラムを、コンパイラによって翻訳することによって作成される。
これを「コンパイル」と呼び、つまりその逆の作業を行うことを指して、逆コンパイル、またはプログアム逆コンパイラと呼ばれている。ただし、「逆―」という名称の通り、逆の作業を行ったとしても、コンパイル時に失われたコメントや変数名を元に戻すことはできないため、完全に元の通りのソースコードとして再現することは不可能である。
しかし、完全に近い再現を行うことは可能で、Javaの実行ファイルにおいてはかなり高い再現度で、ソースコードを作成することができるとされている。また、このような作業は、公開されているプログラムに対して行うことを禁止している開発元も存在する。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る