インターネット用語辞典 の 近代デジタルライブラリーに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

近代デジタルライブラリー

読み方、または別称:きんだいでじたるらいぶらりー

近代デジタルライブラリーとは、国立国会図書館が著作権が切れた、または著作権が存続しているが著作権者の許諾を得るなどの対応を行った明治期の図書資料をスキャンしてインターネット上に公開しているサービスで、所蔵する明治・大正・昭和前期刊行図書のデジタル画像を閲覧することができる。2002年10月1日サービスを開始。
現在の収録数は約57万冊。このうちインターネット提供数は、2011年12月現在で約24万冊。著作権の処理が完了していない資料は国立国会図書館内の端末からのみ閲覧可能である。
資料の電子化は段階的に進められており、2007年7月3日から大正期の資料も公開されている。また、同年10月17日から、NDL-OPAC(国立国会図書館蔵書検索・申込システム)で検索した資料が近代デジタルライブラリーに所蔵されている場合、近代デジタルライブラリーへのリンクが表示されるようになった。
2010年4月1日にサイトがリニューアルされて本文画像の拡大・縮小・移動がマウスでできるようになったほか、標準モードでサムネイルが表示されるように変更された。また、Webページの文字コードがEUC-JPからUTF-8に変更されている。
2011年2月2日には児童書デジタルライブラリーが統合され、明治期から昭和30年頃までの資料が約2100冊追加されている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る