技術 の 軽量プロセスに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

軽量プロセス

読み方、または別称:けいりょうぷろせす

軽量プロセスとは、スレッドの一種で、ライトウェイトプロセスのことである。スレッドとは、CPU利用の単位のことで、プロセスに比べプログラム実行時のコンテキスト情報が最小で済むため、切り替えが早くなる。
ログラミングの観点から見ると、アプリケーション処理の“実行脈絡”は1つではないことが多く、これを「シングルスレッド」で実現しようとすると、シグナルやタイマーを駆使しコーディングしなければならない。
ライトウェイトプロセス(LWP)とは、スレッドを複数並行し実行するためのカーネル内の機構のことで、マルチプロセッシングでひとつのプロセス内のスレッドを複数個同時に実行する。LWPはネイティブスレッドと合わせて組み合わせたもので、SolarisやSVR4.2MPで導入されたスレッド機構である。
プロミング上、複数のスレッドを生成することができるが、並列実行できるのはプロセッサの数までである。その為、カーネルスレッド方式のように全スレッドをカーネルが制御するのは無駄が大きくなってしまう。
そこで、カーネルはLWPを実行するオブジェクトを管理し、LWPは適当なユーザスレッドを選択し、実行する。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る