アルゴリズム の 転置インデックスに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

転置インデックス

読み方、または別称:てんちいんでっくす

転置インデックス(てんちインデックス)とは、全文検索を行う対象の文書群から、単語の位置情報を格納するための索引構造のことである。情報処理テクノロジにおける転置インデックスは、単語や数字などに含まれているデータベースやドキュメント群へのマッピングを保持するインデックス型のデータ構造で、ドキュメント群へのマッピングの場合、検索エンジンが実現されている。
また検索キーが単語であり、連想配置の値が位置情報である場合は、ハッシュテーブルの形態を取る場合もある。転置インデックスには、大きく2つの手法がある。1つは、レコード単位転置インデックスと呼ばれるもので、単語とその単語を含む全文書をリストとして備えている。
もう1つは、単語単位インデックスである。単語を含んだ全文書以外にも、その単語が文書中のどこに現れるかという位置情報も含んでいる。また、単語単位転置インデックスの実装にも、いつくかの手法がある。
その中でももっとも単純なものは、全文書のIDとその保存位置情報をペアとして格納したものである。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る