コンピュータの形態 の 超解像技術に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

超解像技術

読み方、または別称:ちょうがぞうぎじゅつ

超解像技術(ちょうかいぞうぎじゅつ、は、英語でSuper-resolutionで、テレビなどのデジタル画像処理技術で、入力信号の解像度を高くして出力信号を作る技術であり、入力された動画や静止画の信号を高解像度化して出力したり、高解像度の画像を表示する技術である。
超解像と言う言葉は主に従来の動画の変換で使われているアップコンバートのような意味合いでメーカー企業の商品のコマーシャルキャッチにしばしば使われている。
超解像技術は、入力信号の解像度が表示画面の解像度より低い場合に、それを補完するための解像度補完技術であり、例えば、標準解像度のビデオソフトの映像を大画面テレビで観る場合に、超解像技術を備えた映像機器で不足している画素を補完して、よりリアルな映像を楽しむことができる。
また、携帯電話で見る動画をオリジナルより画素数を増やすことで見やすくするためにも超解像技術が使われる。なお、超解像技術は、解像度、つまり画素数を増やすことであり、色深度やダイナミックレンジ、動画の場合は時間当たりのフレーム数というような画像の美しさに関する要素はない。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る