基盤技術 の 論理積に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

論理積

読み方、または別称:ろんりせき

論理積(logical conjunction )は論理演算の中の一つであり、積と言う日本語から掛け算のイメージがあるが、掛け算とは全く異なる。
論理積では、2つの命題のpとqがどちらも真もしくは1の場合だけが真または1になる、pかつqという命題、もしくは演算のことである。なお、合接(ごうせつ)、連言(れんごん)、AND(アンド)とも言われる。
コンピュータでこのような論理積演算を行う論理回路では、電流が流れる場合を真、流れない場合を偽として、その回路をAND回路と呼ぶ。また2つの命題の p、q に対する論理積を P ∧ Q と書き示すが、読み方は「p かつ q」やもしくは「pそしてq」である。
具体的な例として、ここに 「私の身長は 170 cm 以上である」と「私の体重は 60 kg 以上である」という2つの命題があるとすると、その論理積は、「私の身長は 170 cm 以上であり、かつ私の体重は 60 kg 以上である」となる。因みにC言語やPerl言語でのビット単位の論理積は「&」 で表される。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る