ネットワーク技術用語辞典 の 誤り訂正符号に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

誤り訂正符号

読み方、または別称:あやまりていせいふごう

誤り訂正符号(Error Correcting Code)とは、誤り検出訂正に用いられる符合のことで、記憶装置などから読み出したデータに誤りがあった際、その誤りを訂正するために付加される、本来のデータとは別の冗長なデータのこと、あるいはそのような機能のことを指していう。
略称は、ECC。誤り検出訂正においては、一般的に(n, k) 符号、あるいは、符号形式を添えて (n, k) ××符号などと呼ばれ、k ビット、k バイトなどのk 単位長の符号を、n = m + k 単位長の符号語に変換を行う。誤り検出は、最小ハミング距離が d > 1、すなわち互いに少なくとも d 単位が異なっているといった冗長性を利用することで行われることから、符号語にdを添えて(n, k, d) 符号と呼ばれることもある。
適切な (n, k, d) 符号であれば、符号語あたりd - 1 単位の誤りを検出することができ、[(d - 1) / 2] 単位の誤りを訂正し、d ≦ 2 であれば誤り訂正能力は [(d - 1) / 2] = 0 となり、訂正は行われず単に誤り検出となる。また、データが消失、つまり誤り位置がわかっている場合であれば、消失したd単位を訂正することが可能である。
こういった場合は、特に消失訂正と呼ぶものである。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る