ストレージ用語辞典 の 補助記憶装置に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

補助記憶装置

読み方、または別称:ほじょきおくそうち

補助記憶装置(ほじょきおくそうち)とは記憶装置のひとつで、情報を永続的に保存するために用いられる。コンピュータ上で扱う情報は主記憶装置にて記憶されているが、スピードの制約を満たす主記憶装置は揮発性ものが多いため、どうしてもコストが高くなってしまう。
また情報をコピーして持ち運んだりバックアップするなどの要求もあるため、遅くても安価で大容量、不揮発性や可搬性などがある補助記憶装置が適しているということになる。補助記憶装置は、分類としては主記憶装置以外の記憶装置となり、不揮発性や可搬性などは個々の属性となるため、分類とはまた異なる。
ストレージとも呼ばれ、データを保持する電子媒体と読み書きの駆動装置でも構成される。補助記憶装置は、「紙テープ」や「パンチカード」」「磁気テープ」「磁気バブル」「磁気コアメモリ」などに大別される。「磁気コアメモリ」に関しては、主記憶装置だが、不揮発性を持っている。よって、補助記憶装置として使用することができる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る