システム開発 の 行数に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

行数

読み方、または別称:ぎょうすう

行数とは、LOCのことをいう。LOCとは、lines of codeの略で、ソフトウェアの規模を表す指標のひとつである。ソースコードの行数を意味し、テキストファイルとしての行数は物理LOC、何の行数であるか明確に示すことはSLOCという。
物理LOCに関しては、そのまま使うことは少なく、空行やコメント行を除いた2つの命令が書かれた行を2行と数える。括弧だけの行を除くなどの換算した行数は論理LOCという。物理LOCと論理LOCでは、通常後者を使う。ただし、細かい規則にはさまざまな流儀があるため、論理LOCを手作業で数えるのは厄介になる。その為、論理LOCを使う場合、専用のツールを使う必要がある。
LOCの問題点として、“プログラミング言語の記述の自由度は、C言語の流れを汲んだ自由度の高い言語で著しい”“類似の処理をコピー&ペーストするとLOCは増える”“無駄な処理や効率の悪いアルゴリズムを使うとLOCは増える”“同じ処理内容でも、プログラミング言語の種類によって必要なLOCは大きく変わる”などが挙げられる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る