ネット広告 の 行動ターゲティング広告に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

行動ターゲティング広告

読み方、または別称:こうどうたーげてぃんぐこうこく

行動ターゲティング広告(こうどうターゲティングこうこく)とは、広告の対象となっている顧客の行動履歴を元に、興味や関心を推測し、ターゲットを絞ってインターネット広告の配信を行う手法である。こうすることで無駄な広告の露出を控えることができ、結果、費用対効果が高くなることが挙げられる。
また、年齢や性別などの広告配信と比較すると、直近のユーザーの行動に沿っているため、ダイナミックに広告を表示することが可能である。行動ターゲティング広告を実現するには、例えば会員制物販サイトなどでは、会員ごとの購買履歴を基に、会員の興味関心を分析できる。
よって、会員がログインしている際に閲覧した商品の履歴を基に、分析することが可能である。広告配信媒体が多くのウェブサイトに広告スペースを持っている場合は、アドネットワークを形成し、配信する。その為、広告を閲覧している者がどのウェブサイトを訪れているかを把握することができる。
他にも、行動ターゲティング広告を実現させるために、さまざまな方法が用いられている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る