色の表現 の 色空間に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

色空間

読み方、または別称:いろくうかん

色空間とは、ディスプレイなどの機器が色表示するための方法や範囲のことで、カラースペース(color space)とも呼ばれる。色を立方的に記述し、秩序立てて配列する形式であるため、色を座標で示すことが出来る。
代表的な色空間には赤(Red)、緑(Green)、青(Blue)の光の3原色により表現する RGBがあり、これらはコンピュータディスプレイやアプリケーション上の色設定などでよく利用されている。
そのほかにも印刷分野で利用される表現方法のCMYKがあり、これはシアン(C)、マゼンタ(M)、黄色(Y)に黒(K)を追加した4色の階調により色を表現する。また、IEC(国際電気標準会議)が色表現方式に定めた パソコンディスプレイ、プリンタなど機器で希望する色を再現するための表現形式であるsRGB (standard RGB)などもある。なお、いずれの表現方法でも、色を数値で表記する。
色空間の形状は表現方法によって異なり、円柱や円錐、多角錐、球などの幾何形体として表される場合もあり、様々である。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る