ソフトウェア用語辞典 の 翻訳メモリに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

翻訳メモリ

読み方、または別称:ほんやくめもり

翻訳メモリ(ほんやくメモリ)とは、原文と翻訳分を一対としデータベース化し、その内容を自動的に繰り返して使うことで、翻訳を支援するソフトウェアである。翻訳を仕事とする人の業務効率化と質の向上を支援し、それを利用するソフトウェアは「翻訳メモリツール」と呼ぶ。
従来型は、通常翻訳ソフトのような構文解析機能はなく、翻訳メモリツールを使うことで原文を自動的に翻訳することはない。あくまで翻訳者が行う。しかし、近年では翻訳メモリツールと翻訳ソフトを統合することで、さらに効率をアップし、翻訳支援環境を実用化している。
翻訳メモリの主な機能は、「翻訳者が書き起こした翻訳を、その原文とともに専用データベースに登録する」「過去データベースに登録された翻訳を、同じまたは類似の原文が出た場合に自動的に引用する」などが挙げられる。
これらの機能によって、同じ文章を繰り返し翻訳できたり、文章を手作業で複製し貼り付けることが可能となる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る