開発環境 の 統合開発環境に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

統合開発環境

読み方、または別称:とうごうかいはつかんきょう

統合開発環境とは、ソースプログラムの打ち込むエディタ、プログラミング言語で書かれたソースコード機械語に変換するプログラムであるコンパイラ、そしてプログラミングの記述などを検出するデバッガなど、プログラミング開発において必要なツールが1つにまとめられているソフトウェアの開発環境のことで、IDE (Integrated Development Environment)と呼ばれる。
従来のプログラム開発では、コンパイラテキストエディタデバッガなどそれぞれが単独であったが、IDEはそれらをひとつの対話型操作環境で利用できるようになっている。
そのため、IDEを導入することによって、プログラムの開発作業を、すべてIDE上で行うことができようになり、巨大なソフトウェアでも、プログラマに負担をかけることが少なくなって、現在のソフトウェア開発において必須といえるものになっている。
例えば、Javaのプログラムを作成する場合、テキストエディタで、Javaプログラムのコードを記述してコンパイルし、コンパイルが完了したプログラムを実行して設計通りの動作が行われるか確認するが、EclipseやNetBeansなどの無償・有償のIDEを使うことによって、すべての作業がIDE上でできるようになる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る