テスト の 結合テストに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

結合テスト

読み方、または別称:けつごうてすと

結合テスト(join test)とは、システムのテスト手法の1つで、システム開発におけるプログラムの検証作業の中でも、複数のモジュール(部品)を結合させて、うまく連携・動作しているかを確認するテストのことである。
ログラム・システム開発においては、まず個々のモジュールのテストが行われる。そしてモジュールが仕様どおりに機能しているかが確認され、問題があった場合はそれが修正された後に結合テストが行われる。
結合テストでは、データの受け渡しがうまく行われているか、コードの記述様式は揃っているか、データを授受するタイミングはずれていないかといった、主にモジュール間のインターフェイス(接点)がうまく機能するかどうかという点の確認が行われ、結合テストで不備が発見された場合は、再度コーディングが行われる。
なお、個々のモジュールのみを対象としたテストは単体テスト、結合テストがすべて終わったあとに仕上げとして、システム全体を対象に行われるテストはシステムテストという。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る